子ども2人をワンオペでお風呂!ゆるい対処法とママの時短美容

※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。

お父さんの帰りがいつも遅くて、いつもワンオペで2人お風呂に入れなきゃいけない…。

自分のことがちゃんと洗えなくて気になる。たまにはゆっくり入りたい。

なんてお悩みではありませんか?

そりお
そりお

我が家は2人の子どもを毎日、私1人でお風呂へ入れています。

平日はしょうがないですが、土日くらいゆっくり入りたい。

でもなかなかうまく時間がとれないんですよね。不思議なことに。

土日はとってものんびりしちゃって、結局遅くなって、寝かしつけする私が先にみんなとお風呂、そのまま就寝。

女性にとって、お風呂って気分転換のためにも大事な時間ではありませんか?

この記事では、「ワンオペお風呂のゆるい乗り切り方法」と「私のお風呂で使っている短時間で使えるオススメ美容グッズ」を紹介します。

ワンオペお風呂のゆるい乗り切り方法

1人でお風呂に2人入れようとすると、1番悩むのは下の子が赤ちゃんの頃かなと思います。

3段階にわけてどのようにお風呂へ入れていたかご紹介します。

  • ねんねの頃(下の子が2か月~5か月)
  • おすわりの頃(下の子が6カ月~8カ月)
  • あんよの頃(下の子が9か月~)

① ねんねの頃(下の子が2か月~5か月)

我が家では、以下の手順で入っていました。1番入れ方に悩む時期です。

  1. 洗面所に座布団を敷いて、そこに赤ちゃんをスタンバイ!
  2. 上の子とまず入る。赤ちゃん、泣いてても入る。
  3. 赤ちゃんが気になるので、上の子を急いで洗い、湯舟に入っててもらう。
  4. 洗えるところまで自分を洗う。(髪は洗えたら…)
  5. 赤ちゃん回収。洗う。(寒いときはこのとき服を脱がせる)
  6. みんなで湯舟。
  7. ゆっくり~っといきたいが、上の子が「あがる~」と始まるので、あがる。

できたら誰も泣かずにお風呂を終えたいです。が、赤ちゃんは待ってくれません。

安全を確保して、なるべく早く迅速に清潔さを手にいれることが最優先です。

そりお
そりお

泣いていることでイライラしたり、上の子に対処できないってときは、お風呂は思い切ってやめましょう

そこまでして毎日入る必要はないです。

赤ちゃんはオムツだし、お尻周りだけはちゃんと洗わないとかぶれてしまいますが、大人や幼児は洗えるところを洗う、くらいの気持ちで、無理せず過ごしましょう。

また、保湿やドライヤーはできそうだったら、やる。

プレッシャーになるくらいなら、「今日はいっか」という気持ちも大事です。

この頃は、自分の洗髪は洗面所でしていました。

赤ちゃんが浴室にいないので洗えそうですが、お風呂上りのドライヤーが面倒で……。

その後のバタバタもあるので、翌朝に洗面所のパターンが多かったです。

② おすわりの頃(下の子が6カ月~8カ月)

少し赤ちゃんがレベルアップしました。一番微妙な時期です。

立てる訳ではないし、かといってお座りも安定しない時期もあったり…、何より、赤ちゃんが人がいないと泣く。

ちょっと訳がわかってくる時期。

余裕で寝返りを繰り出しますし、もう「洗面所+座布団」は使えません。

我が家では西松屋の簡易バスチェアを愛用していました。

大人しく座ってくれるタイプの子ならこれで大丈夫。

娘は座らせると足を赤ちゃんクロスしながらプルプル収まってくれてました。

ただ安価な分、ひっくり返るリスクがあります。すぐ助けられる距離で使った方が安心かと思います。

先ほどは手順をまとめましたが、この頃からはシンプルです。

みんなで浴室へ行き、赤ちゃんをバスチェアに座らせ、上の子を洗い、大人は洗えるところを洗い、赤ちゃんを洗い、湯舟へ。

洗髪はまだ洗面所……、のときもありましたが、いけそうなときは洗っちゃってました。

子ども達の様子を伺いつつ、ですね。

③ あんよの頃(下の子が9か月~)

ついに歩き始めました。じっとしていません。

あんよが安定するまでは、足に赤ちゃん挟みながら、上の子を洗ったり自分を洗ったりしていました。

油断すると、転倒します。

なんなら上の子も転び始める。お風呂狭いから巻き添えになる。

石鹸が落ちている訳ではありません。“ただ濡れている床”がどうしようもなく滑るらしい。

とにかく、落ち着いて入りましょう。

そして、現在のお風呂の様子

上の子も6歳の小学生になり、ちゃんとは洗えていないかもしれませんが、1人で入ってくれる日も出てきました。

下の子は2歳の自己主張さんなので、湯船に1人で入れると怒るし、母のシャワーを奪ったり、横で石けんで遊んだりしながら入っています。

そして2人とも、あまり湯船には浸からず上がりたがるので、なかなかのんびりバスタイムはできません。

母は下の子が夕方に寝てしまった日などに、1人でお風呂をしてしっかり洗っています。

なかなか毎日のんびりお風呂は難しいですが、さすがに慣れてきました。

ママにオススメ!短時間で使える美容グッズ

ママにオススメの短時間でお風呂で使える美容グッズを紹介します。

子どもと一緒でもちゃちゃっと使えるものしかないので、気軽に試してみてください。

泡で出る洗顔フォーム

夏場はどうしても毛穴が洗顔フォームだけだと気になってきます。

丁寧に洗いたいけど、子どもたちが一緒だとゆっくり泡を立てるのも難しい。

そんなお悩みを解決してくれているのが、ビフェスタ泡洗顔ディープクリアです。

ガスで泡を出す方式なので、ヘタらない泡が出てきてくれます。

黒いディープクリアの他にも3種類ありますので、お好みで選んでください。

使った後に乾燥したツッパる感じもなく、毛穴も目立たなくなります。

ワンオペ お風呂 2人

ただ、1プッシュで出る量が決まっているので、中途半端に少し出していると、最後の方がガスが足りなくなり泡にならなくなります。

私は朝の洗顔でたくさん洗顔料を使わない人なので、夜のお風呂のときにだけ使用するようにしています。

本当にたっぷりの泡が出るので、洗面所で流そうと思うと少し大変です。

1本で終わるシャンプー

子どもと一緒のお風呂だと、いつも片手でシャンプーしちゃってませんか?

私だけかな?

それくらいゆっくりシャンプーできないし、コンディショナーやトリートメントって床が滑るようになりますよね。

子どもたちの転倒も恐いし、自分の翌日の髪も心配だし…

シャンプーだけでゴワゴワの髪の毛は、テンション下がりますよね

そんな私を救ってくれたのが、haruシャンプーです。

ワンオペ お風呂 2人
haru公式サイトで詳細を見る

これを使い始めるまでは、いろんなシャンプーを転々としていました。

よく頭皮にできものができることもありましたが、haruシャンプーを使い始めてからは、できていないです。

洗った後の手も乾燥しないので、子どもに少しついてもあまり気にならないです。

子どものは肌はデリケートなので、洗浄力が強いものだと心配なので、安心して使えている実感があります。

とてもお気に入りのシャンプーなので、後日詳細なレビューを書きます。

まとめ:お風呂に入れなくても死なないよ!気楽に取り組もう

お風呂は毎日のことなので、しっかりやろうと頑張っていると疲れてしまいますよね。

極端な話にはなりますが、お風呂に毎日入れなくたって死にません。

頑張りすぎてイライラするくらいなら、たまには入らなくたっていいや!という日があってもいいと思います。

子どもたちが自分で湯船に入れるなら、入浴剤を入れて遊ぶだけでも結構体もキレイになります。

やらなければと思わずに、疲れてしまったときは臨機応変に過ごしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。


PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。